乳酸菌革命の効果が評判良い3つの理由を暴露します

乳酸菌革命は60万袋販売され、リピート率85.7%という高い実績を持つ、おなかの調子を整える健康維持につながるサプリメントです。

その乳酸菌革命がなぜそれほど高い実績を誇るのか。乳酸菌革命の効果について調べてみました。

それでは、その理由を暴露します。


理由1:そもそも人間には体質は1つではないということに対応していること。
理由2:胃酸や熱に弱い乳酸菌腸を腸まで届く工夫がなされていること。
理由3:添加物不使用なため健康維持に安全できるので安心して摂取できること。

それぞれ詳しく説明します。

理由1:そもそも人間には体質は1つではないということ



人間を分類する方法というのはいくつもありますよね?
心理学では「エニアグラム」や「エゴグラム」、整体の創始者である野口晴哉さんは「体癖」という方法で分けています。

また、世界三大医学の一つであるインドでは「アーユルヴェーダ」という考えもあります。

その体質によって同じものを摂取しても反応が変わります。
例えば、アーユルヴェーダの考えではピッタ、ヴァータ、カファと3つの体質(ドーシャ)に分類します。

ですから、同じ食べ物を食べてもその人の体質によって、合う合わないがでてきます。

例えば牛乳です。
飲んで平気な人もいれば、お腹を下す人もいますよね。

それと同じで、乳酸菌にも人それぞれ合う合わないがあるんです。
そこで、乳酸菌革命はそこにも注意を払っていて500億個という大量な乳酸菌だけではなく、3大乳酸菌であるビフィズス菌・ガセリ菌・ラブレ菌を含む16種類の乳酸菌が入っています。

その結果、1種類とか2,3種類しか含まれていない他の乳酸菌のサプリメントよりも、16種類500億個の乳酸菌が摂取できる乳酸菌革命がたくさんの人たちに合うことが多くなるのは当然のことですよね。


ですから、リピート率85.7%という高い実績を得ているのも納得できる話だと思います。



理由2:胃酸や熱に弱い乳酸菌腸を生きたまま腸まで届く工夫がなされていること



乳酸菌を摂取しても胃酸や熱に弱いのでそもそも生きたまま腸まで届きません。

そこで、乳酸菌革命では熱体制に優れた強い乳酸菌である「有胞子乳酸菌」が使われています。

有胞子乳酸菌とは殻で覆われています。この殻で覆われているため胃酸や熱に耐えられて、生きたまま腸に届くのです。

更に胃酸に強い「耐酸性」のカプセルに入っていますので、胃酸や胆汁から乳酸菌を守るため、乳酸菌が生きたまま腸に届くのです。

腸内環境(腸内フローラ)を整えて健康維持に役立てるためには、この「乳酸菌が生きたままに腸に届く」というのが一番大事なことです。
必ずチェックしてくださいね。

この「乳酸菌が生きたままに腸に届く」というのが、乳酸菌革命のリピート率85.7%という高い実績を誇る理由のひとつです。




理由3:添加物不使用なため健康維持に安全できるので安心して摂取できること



乳酸菌革命が販売実績60万袋でリピート率85.7%という高い実績を誇るには「安全・安心」という要素も忘れてはなりません。

なぜなら、乳酸菌は1回飲めば終わりというものではありません。乳酸菌にも寿命があります。外から摂取した乳酸菌の寿命は3日から7日くらいと言われています。

ですから、毎日飲み続ける必要がでてきます。

毎日摂取するものですから、やはり安全なものでなければ逆に体に悪影響を与えてしまう可能性が出てきますよね。

乳酸菌革命はその点も考慮されていて添加物を使っていません。

食品添加物の中には発がん性のあるものや、毒性の強いものもあります。
世界の国々では使用禁止されているのに、日本ではOKになっている食品添加物というのもあるのです。

例えば、食用赤色102号はイギリスでは使用禁止ですし、マーガリンやショートニングに含まれているトランス脂肪酸はアメリカでは禁止されています。

中には「でも取りすぎなければ大丈夫でしょう。」って思う方もいるでしょう。
でも、実際に自分の子どもの健康やお年寄りの方、妊婦さんに体に悪影響を与える可能性があるものを少しだからと言って食べさせますか?

むしろそんな危険性があるものは避けますよね?


乳酸菌革命は摂取する方たちの「安全・安心」や健康をしっかり考えて作られているので、その点もリピート率が85.7%・60万袋販売という実績につながっているのでしょう。


まとめ


もう一度乳酸菌革命の効果が評判良い3つの理由を書いておきます。

理由1:そもそも人間には体質は1つではないということに対応していること。
理由2:胃酸や熱に弱い乳酸菌腸を腸まで届く工夫がなされていること。
理由3:添加物不使用なため健康維持に安全できるので安心して摂取できること。


薬もそうですが、すべての人に効くような万能薬なんてありません。そもそも存在しません。なぜなら前述のように人にはそれぞれの体質があるからです。

ですが、少しでも多くの人に効果があるような工夫はできるわけです。

乳酸菌革命はその工夫をしっかり考慮して作られているので販売実績60万袋以上リピート率85.7%という高い実績がある理由なのです。

乳酸菌革命:腸内環境(腸内フローラ)を整えると幸せになるの?

乳酸菌革命は腸内環境(腸内フローラ)を整えて健康維持に役立つサプリメントです。

最近、腸内環境とか腸内フローラという言葉をよく聞くようになりました。

これは腸内の環境を整えることによって健康維持に役立つことがわかってきたからなんですね。

そもそも医学では「健康になるには血液をきれいにする」という考えがあります。ですから肉料理にレモンなどの酸をかけたりするのもその考えから来ています。

東洋医学では更にその血液をきれいにするには「腸の働きを整える」という考えがあります。

なぜかというと栄養を吸収するのは小腸だからです。
その小腸が食べ物のカスや悪玉菌のすみかになっていたら、栄養と一緒に体に悪影響を与えるものも血液の中に入って行きますよね。

腸内がきれいに整っていれば、結果として体には必要な栄養だけが入ってくるわけですから、腸の働きを整えれば健康につながるという考えも納得できます。

だから腸内をお掃除してくれる食物繊維を多めに摂りましょうという話になるわけですね。

でも、それだけでは足りません。
食物繊維できれいになった腸の中の菌たちの環境を整える必要があります。

腸内の菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があるといわれています。

この「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の腸内での割合が2:1:7になるのが理想とされています。

そのためには乳酸菌を摂取するのが効果的と言われています。ですから、スーパーなどでたくさんの乳酸菌を含む乳製品がたくさん売られているんですね。

腸内環境(腸内フローラ)を整えると幸せになれるのか?


では、本題の「腸内環境(腸内フローラ)を整えると幸せになれるのか?」の話です。

これは人間が幸せと感じるときに脳内からある物質が出ていることが分かっています。

セロトニンドーパミンという言葉を聞いたことがありませんか?

このセロトニンやドーパミンは脳内にある神経伝達物質です。

このセロトニンを作るにはトリプトファンという物質が必要です。
トリプトファンはバナナ、牛乳、チーズ、納豆などの大豆製品などに多く含まれています。

私は今でこそ元気ですが、実はうつ病経験者です。1年間うつ病のため会社を休職したことがあります。毎日希死念慮との戦いでした。

その時に「ツレがうつになりまして」という漫画があり、その中にバナナや納豆がいいと書いてあったので、毎日バナナと納豆を食べてました(笑)

結果として、うつ病は完治(寛解)したので効果があったのでしょうね。


ところが、このトリプトファンをたくさん摂取しても腸内環境(腸内フローラ)が悪く、腸内細菌が少ないとセロトニンは増えないんです。

どういうことかというと、セロトニンやドーパミンなどを作る前の物質(これを前駆体と言います)は腸内でできてそれが脳に運ばれることが分かっています。

ですから、乳酸菌などの腸内細菌を増やし、腸内環境(腸内フローラ)を整えることで、結果として「幸せ物質」と言われるセロトニンやドーパミンがふえて、幸せにつながるというわけなのです。

これが、乳酸菌革命:腸内環境(腸内フローラ)を整えると幸せになる仕組みです。

まとめ


乳酸菌などの腸内細菌の数を増やして腸内環境(腸内フローラ)を整えることで幸せの物質と呼ばれているセロトニンやドーパミンが増えるので、結果として幸せを感じることが増えるということです。

乳酸菌革命の効果がなし!?気になる口コミをまとめました

乳酸菌革命のレビューをAmazonで調べてみました。

☆☆☆☆☆ 5つ 34%
☆☆☆☆  4つ 28%
☆☆☆   3つ 14%
☆☆    2つ  7%
☆     1つ 17%


ここでは、☆5つ4つを付けた人を効果があると考え、☆1つや2つを付けた人を効果がなかった(もしくは効果が少ないと感じた)と考えて話を続けますね。

☆5つ4つをつけているのは全体の62%でした。
過半数の方が効果を実感していると書いています。
それに対して☆2つ☆1つの方が24%います。

ですから、効果があると感じた方が効果がないと感じた方の約2.6倍もいるということですね。

では、なぜ乳酸菌革命に対して約2.6倍の方たちが効果を感じることができたのでしょうか?

その理由の1つは、乳酸菌革命は、人の特性は色々あるので、そのたくさんある人の特性に合わせるためにはどうしたらいいのか?
それとても良くを考えて作られていることだと思います。
ですから2,3種類の乳酸機ではなくて、16種類の乳酸菌を配合するという研究結果になったと考えられます。

たくさんの方々のお腹の調子を整えたい!
たくさんの方々のお腹の調子を整えて健康で幸せな生活を送ってほしい!

そんな開発者側の願いを感じると言ったら大げさでしょうか。


口コミまとめ



☆1つの口コミ
「乳酸菌は個人によって合うあわない種類があると聞いたので、複数種入ってるこの商品をチョイスしましたが、体調の変化も革命も起きませんでした。継続利用で効果が出る場合もあるのでしたら、使用期間価格等を設定して頂くと利用し易いのですが、効果不明確の物に継続的な購入は価格的には難しいです」
「残念ながら、私と伯母には全く効果はありませんでした。私は便秘に加え、ガスが溜まり、逆にそれでお腹が張り、大変でした。当たり前ですが、効き目には個人差がありますね。」

☆☆☆☆☆5つの口コミ
「色々乳酸菌はためしましたが、これが一番腸内フローラ良くなったような気がします。ケトンダイエット中には、初期にお腹の膨張とかありまささたが、これを取り始めてから、膨張なし、お通じ良いです。オススメのとりかたは、朝、MCT オイル、小さじいっぱいと、食物繊維、キャベツの千切り、白湯などととります。糖質0のラブレや、酵素なども一緒に摂取、オススメします。」

「今のところ、飲むとすごく調子が良くて助かっています。このまま体質改善できたらと期待しています。同じように過敏性腸症候群に苦しむ人に是非オススメしたい商品です。」

「主にこの2つの理由で2年くらい続けてます。
元々家族共々健康でしたが、こちらを飲み始めてから
更に抵抗力、免疫力が上がった気がします。
これだけ揃っていてこのお値段は妥当です。安いと言えるかも。
家族の健康のためにもこれからも飲み続けます。」

記事でも書いてますが、すべての人に万能な薬やサプリメントなんてこの世に存在しません。

なぜなら人はそれぞれ特性が違いますからね。
だから一番大事なことは自分で実際に試してみるということです。

これしか方法はありません。

もしあなたが、お腹の調子で悩んでいるのなら色々試してみて、あなたに合ったサプリメントを早く見つけてくださいね。


手遅れにならない前に一度お試しください。

>>>乳酸菌革命の効果の詳細はこちら

乳酸菌革命が送られてきました【写真付き】

乳酸菌革命を購入しました。

その時の様子を写真撮りました。










こんな感じです。

カプセルの大きさは普通で、特に大きすぎて飲みにくいということはありません。

一つだけ気になることは「臭い」です。

カプセルのオブラートの臭いがきついと感じます。
耐酸性のカプセルだからですかね。

あえて言えばという感じなので、人によっては全然気にならないかと思いますが。

それだけがデメリットかな。

それ以外は特に気になりません。

‐‐‐
飲んだ感想

実は薬機法の関係で、飲んだ効用をブログで書くことは禁止されています。
もしあなたが、ほかのブログやサイトで個人的な感想として効果が書かれていたら、それは法律違反になり罰則を受けることになりますので注意してくださいね。

ただし、臭いとか瞬間の感想は書いて良いことになっています。

なので、あえて「カプセルの臭いが気になる」と書きました。

さて、私の腸の調子ことについて書きます。

私は幼少期からおなかの調子を悪くすることが多く、便通も下痢がデフォルトでした。

特にストレスがあるとすぐにお腹にきてしまうので、病院に何回もいったことがあります。

その時の診断は「神経性下痢」でした。
薬を処方されましたが良くなった記憶はありません。

高校2年生のときに腸カタルになって血便と共に激しい腹痛で眠れぬ夜を過ごしたこともあります。あの時は苦しかった。赤痢の検査も受けました。確か学校は1週間休みましたね。

そんな子どもの頃から胃腸の調子が思わしくなかった私がこの乳酸菌革命を試したところ……。

はい、薬機法違反になるのでこれ以上は書けません。
書けませんが、このサイトを作っていることでお察しできるのではないかと思います。

書けるのは瞬間的なこと「カプセルの臭いが気になる」みたいなことだけです。

ちなみにブログやサイトで〇〇サプリメントを飲んだら□□が改善された!的な表現は、薬機法違反ですからね!


ただ、このサイトを読んでくださった方は「いかに腸内環境(腸内フローラ)を整えることが健康維持につながり、更に脳内伝達物質であるセロトニンやドーパミンがしっかり作られる」ということはご理解できたかと思います。

あなたのこれからの健康維持と幸せな生活のために、興味があれば1度試してみてはいかがでしょうか?



>>>乳酸菌革命の詳細はこちら